ヤクルト・奥川 地元企業と広告契約 石川県内限定もテレビCMに出演予定

[ 2022年1月16日 05:30 ]

地元・石川県の企業「大同工業」と広告契約を結んだヤクルト・奥川(右)と大同工業の新家啓史社長
Photo By スポニチ

 ヤクルト・奥川が地元・石川県の企業でバイクや自動車の部品を製造する「大同工業」と広告契約を結ぶことが15日、分かった。

 期間は今年2月から来年1月までの1年間。今季からミズノとアンバサダー契約を結んでいるが、野球関連以外での広告契約は初めてだ。石川県内限定で、テレビやラジオのCMに出演し、駅などにポスターも掲載。オフには野球教室の開催も予定されている。

 奥川は「長年、素晴らしい技術を世界へ提供されている企業。僕も見習って長く大きく成長していきたい」とコメントした。バイクのチェーン分野で世界的シェアを誇り、オートバイの世界選手権シリーズに参戦する多くの選手をサポートしている同社が、地元のスター選手を応援したいと契約に至った。

 2年目の昨季はチームトップタイの9勝を挙げるなど急成長し、20年ぶり日本一に貢献。地元のバックアップを受けた次世代エースが、今年もアクセル全開で快投する。(青森 正宣)

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年1月16日のニュース