×

2年目の阪神・佐藤蓮 秋山先輩見ていてください!中継ぎ争い参戦決意「今年は勝負だと思っている」

[ 2022年1月16日 05:30 ]

笑顔でキャッチボールをする佐藤蓮
Photo By スポニチ

 大卒2年目の阪神・佐藤蓮が中継ぎ争いに割って入る。15日、鳴尾浜球場で自主トレをし、「去年、1軍で投げられなかったので今年は勝負だと思っている。少しでも早くアピールして1軍のマウンドに立つ」と決意を見せた。

 先輩の言葉に呼応した。14日夜のテレビ番組で、秋山から「持っているものはすごい。(終盤の)7回、8回を投げられる能力がある」と評価された。ただし「野球を勉強すれば」の条件も付いた。

 最速155キロ右腕も「考えなしで投げていた」と経験不足を自覚している。年末年始には岩崎と練習して「自分の中で感じるところがあった」と投球術のヒントもつかんだ。今キャンプで成果を発揮し、守護神スアレスが去って枠が空いた1軍救援陣の新星になる。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年1月16日のニュース