ソフトバンク 4選手&スタッフ3人が濃厚接触者に PCR検査では全員陰性

[ 2022年1月15日 05:30 ]

ソフトバンクの本拠地・ペイペイドーム
Photo By スポニチ

 12日に新型コロナウイルス感染が判明したソフトバンク・渡辺陸捕手(21)と福岡県で合同自主トレ中の4選手とスタッフ3人が、保健所から濃厚接触者と判定された。ソフトバンクが14日に発表した。選手は中村晃、栗原陵矢、柳町達の外野手3人と他球団1人。渡辺が陽性判定を受けた12日のPCR検査では7人とも陰性判定が出ている。4選手は保健所の指示で経過観察しつつ、自主トレを続ける。渡辺は12日から自主隔離している。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2022年1月15日のニュース