レッズ秋山 自主トレ先下田市で講演会 人見知りの過去明かす「自分の武器を説明できるようになって」

[ 2022年1月15日 16:57 ]

下田市制施行50周年記念の講演を行う秋山
Photo By スポニチ

 レッズの秋山翔吾外野手(33)が15日、静岡県の下田市民文化会館で下田市施行50周年記念の講演会を行った。

 約220人の参加者を前に自身の生い立ちから家族間の会話の大切さ、また自身がかつて人見知りな性格から雄弁になった経緯などのエピソードを披露。人見知りな性格は八戸大(現八戸学院大)入学後に克服したとし「人と喋る能力を持っていて欲しい。よく見ることと、興味を持つことで情報を得ることができる。簡単な話題で会話は広がっていく。自分のことを説明できるように、自分の武器を説明できるようになってほしい」と訴えた。

 また、子どもたちとの質問コーナーでは今季の目標について問われ「試合にいっぱい出ることだね」ときっぱり。18年から同市内で自主トレを行っており「今季は打つよ。頑張るからね」と力強く語った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2022年1月15日のニュース