西武ドラ1・隅田が初ブルペン プロ仕様「少し硬くした」新スパイクに手応え

[ 2022年1月15日 05:30 ]

ブルペン投球する隅田(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 西武のドラフト1位左腕・隅田(西日本工大)が、埼玉県所沢市の球団施設で行われている新人合同自主トレで初のブルペン入り。捕手を立たせて21球を投じ「(力は)5割くらい。全身を使って(球が)抜けないようにリリースを意識した」と笑顔で振り返った。

 チームの新人ではブルペン一番乗り。変化球の軌道も確認したが、試したい新兵器もあった。「スパイクのソールを替えた。前は剣(歯)だけだったけど、剣とポイントにして、少し硬くしました」。プロの球場の硬いマウンドに対応するためで「硬い方が安定して球速も出やすい」と手応えを口にする。昨秋のドラフトで4球団が競合した即戦力の逸材。「順調に来ている」と、足元も固まってきた。(君島 圭介)

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「水島新司」特集記事

2022年1月15日のニュース