中日・落合英二ヘッド 星野元監督の「77」継承「厳しかったが、僕を一人前にしてくれた。それを目指す」

[ 2022年1月15日 05:30 ]

ナゴヤ球場で就任会見に臨んだ中日・落合ヘッド兼投手コーチ
Photo By スポニチ

 中日・落合英二ヘッド兼投手コーチ(52)、大塚晶文投手コーチ(50)が14日に正式契約を結び、ナゴヤ球場で就任会見を開いた。16年ぶりの古巣復帰の落合ヘッドは「精神的にも体力的にも強い投手陣を集めて戦っていければ」と抱負。星野仙一元監督の背番号77を継承し、「立浪監督に背中を押された。星野監督は厳しかったが、僕を一人前にしてくれた。僕もそれを目指す」と誓った。ブルペン担当の大塚投手コーチは「早く選手とコミュニケーションを取りたい。話しやすい雰囲気をつくって、安定した成績が残せるようにしたい」と意欲を見せた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2022年1月15日のニュース