レッズ秋山 自主トレ先の下田で野球教室 小学生から2安打で「昨季あの安打はなかった」と照れ笑い

[ 2022年1月15日 14:24 ]

小学生との対決で右前打を放った秋山
Photo By スポニチ

 レッズの秋山翔吾外野手(33)が15日、阪神・板山らと静岡県下田市内で下田市制50周年記念事業「敷根公園少年野球教室」に参加した。

 7チームの小学4、5年生の計68人とキャッチボール、ノック、対決コーナーなどで交流を深めた。秋山は小学生を相手に左前打、右前打の2打数2安打。「楽しくできています。昨シーズンはあのヒット(右前打)は出なかったですからね。子どもたちには見られている緊張感を味わってくれればうれしい」と笑顔。コロナ禍で感染対策をとりながら、可能な限り子供たちとふれ合い「僕らも経験していないし、子供たちにとっても想像がつかない状況になっている。またグラウンドで会えるように」と願うように話した。

 秋山は17年から静岡県河津町で、18年から下田市内で自主トレを行っている。同地での野球教室は今回で4回目。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「水島新司」特集記事

2022年1月15日のニュース