トヨタ自動車が始動 6年ぶりの都市対抗Vへ北村新主将が号令「泥臭い野球をやります」

[ 2022年1月15日 05:30 ]

今季からキャプテンに就任し、バットを手に意気込むトヨタ自動車・北村(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 社会人野球のトヨタ自動車が14日、愛知県豊田市のトヨタスポーツセンターで始動した。

 新人7選手を含む32人の部員が集結。16年以来6年ぶり2度目となる都市対抗大会優勝に向けて第一歩を踏み出した。今季からは27歳の北村祥治内野手が新主将に就任。星稜、亜大でも主将だった経験を踏まえ「勝ちに向かっていく集団になりたい。見ている人を引きつけられるような泥臭い野球をやります」と抱負を語った。昨年の都市対抗はNTT東日本に敗れ2年連続で初戦敗退。就任4年目を迎えた藤原航平監督のもと一枚岩となって、巻き返しを期す。

続きを表示

「始球式」特集記事

「水島新司」特集記事

2022年1月15日のニュース