日本ハム・吉田輝星が教育リーグで2回をピシャリ 花粉症に負けず、最速146キロで3奪三振

[ 2021年3月14日 17:35 ]

イースタン教育リーグ   日本ハム10―4楽天 ( 2021年3月14日    鎌ケ谷 )

教育リーグ・楽天戦に登板した日本ハム・吉田
Photo By スポニチ

 開幕ローテーション入りを狙う日本ハム・吉田が4番手で登板。2回を打者6人で抑える無安打投球で3三振を奪った。

 直球は最速146キロ。その直球を中心にテンポ良く相手を追い込み、2三振は力のある直球で奪った。「追い込むまでは(1人の打者で)変化球は1球だけと決めていた。あれぐらい真っすぐでいく気持ちを持ってこれからもやりたい」

 花粉症の薬を飲み忘れたといい「今日の敵は花粉。最悪です。集中できない」と言いながら、投球自体は文句なし。「フォームも真っすぐも悪いところはない」と自信を示し、「次は長いイニングを投げると思う。組み立てを変えたり、真っすぐをどう生かすか考えたい」と見据えた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年3月14日のニュース