新規参入のJPアセット証券 初の公式戦は逆転負けも強豪苦しめた

[ 2020年3月26日 18:49 ]

スポニチ後援2020年度JABA東京都企業春季大会第2日   JPアセット証券4―6鷺宮製作所 ( 2020年3月26日    JR東日本柏グラウンド )

<春季東京都企業大会 JPアセット証券・鷺宮製作所>チーム初の公式戦で、マウンドの金田に声をかける元プロでJPアセット証券の野林大樹監督(右)
Photo By スポニチ

 今季から企業チームとして新規参入したJPアセット証券が初の公式戦に臨み、鷺宮製作所に惜しくも逆転負けを喫した。

 それでも相手は昨夏都市対抗東京第1代表の強豪・鷺宮製作所。相手先発のドラフト候補右腕・平川から初回に2点を先制。7回に逆転を許したが、9回も2点差まで追い上げるなど食らいついた。

 元近鉄、広島などでプレーした野林大樹監督は「思った以上にやれた。先制できて、最後も食らいついた。うちは野球100%、仕事100%。選手は毎日株価をにらみながらグラウンドは週2、3度しか使えない。これからが大事。成長してほしい」と手応えを口にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月26日のニュース