ヤクルト・村上 上々二塁打で4試合ぶり打点「次につながる」

[ 2020年3月26日 05:30 ]

練習試合   ヤクルト4―3広島 ( 2020年3月25日    マツダ )

<広・ヤ>3回、村上は左中間に適時二塁打を放つ (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 ヤクルトの村上が4試合ぶりに打点をマークした。3回2死一塁から九里の真ん中に来た143キロ直球を左中間に運び適時二塁打。「逆らわずにコンパクトに良いスイングができた。次につながる」と話した。

 下半身のコンディション不良でキャンプ中に離脱。調整がやや遅れていたが、高津監督は「ボールもよく見えてきている」と評価した。今後は2軍戦に出場しながら、試合勘を戻していく方針。目標である東京五輪の延期が決定したが「出たいとは思いますけど、五輪のためにではなくチームのためにやりたい」という20歳。開幕に向けて準備を進める。

 ▼ヤクルト・イノーア(先発で5回3失点)3失点したが、全体的には良かった。四死球もなく持ち味は出せた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月26日のニュース