レイズ・筒香が帰国 キャンプ施設閉鎖、入国制限などで急きょ

[ 2020年3月26日 02:30 ]

レイズ・筒香
Photo By スポニチ

 レイズの筒香が滞在先の米フロリダ州セントピーターズバーグから帰国した。新型コロナウイルスの感染拡大でキャンプ施設と本拠地を閉鎖。練習場所の確保が困難となり、26日から米国からの入国者に対して入国が制限されることも一因となった。

 当面は国内で練習拠点を探す予定だが、古巣のDeNA・三原一晃球団代表は「彼も分かっていると思うが、安全面のケア、健康をチェックする。数日かかると思うが、そういうことがクリアされれば彼のコンディションのために協力する」と説明した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月26日のニュース