侍ジャパン・稲葉監督へ正式に続投要請 金子ヘッドら現スタッフにも契約延長要請へ

[ 2020年3月26日 05:30 ]

侍ジャパンの稲葉監督
Photo By スポニチ

 侍ジャパン強化委員会の委員長を務める日本野球機構(NPB)の井原敦事務局長は25日、稲葉篤紀監督(47)へ延期された五輪後までの続投を要請したことを明かした。

 稲葉監督がSCOを務める日本ハムや本人サイドと連絡を取っており「順序立てて話してます。順調に進んでいます」とした。当初の契約は8月末までだった。五輪の開催時期が固まった後に、正式に契約延長の手続きを取る。金子ヘッド兼打撃コーチや建山投手コーチら現スタッフにも同様の契約延長を要請する。続投が決まれば来年3月のWBCでも指揮を執る。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月26日のニュース