阪神・ガンケル 3回零封で開幕ローテへ再上昇!矢野監督も評価

[ 2020年3月26日 05:30 ]

練習試合   阪神0―0DeNA ( 2020年3月25日    横浜 )

<D・神>阪神先発・ガンケルのピッチング(撮影・平嶋 理子)                                    
Photo By スポニチ

 阪神のジョー・ガンケル投手(28)が25日、DeNAとの練習試合(横浜)に先発し3回2安打無失点と好投した。直近2試合で計14失点するなど安定感を欠いていた助っ人右腕は修正能力を発揮。練習試合は一旦休止となるが、開幕ローテ入りを再びたぐり寄せた。

 “ゴロ魔神”が復活を遂げて敵地のマウンドに仁王立ちした。先発したガンケルが、3回2安打無失点の好投を披露。2戦連続で炎上して急落していた評価を取り戻した。

 「(課題だった)低めに集めていくことをクリアできた。低めに投げてゴロアウトも量産できたし、シンカーも良い時のように曲がってくれたね」

 立ち上がりから持ち味を存分に発揮した。初回は梶谷、神里を投ゴロ、遊ゴロに仕留めると、新助っ人のオースティンもスライダーで三ゴロ。2回も奪ったアウトはすべて内野ゴロと、ほぼベストメンバーをそろえたDeNA打線を手玉に取った。3回は四球と安打で2死一、二塁のピンチを背負うも、最後はオースティンを内角低めの直球で見逃し三振。この日、唯一の「K」を最高の場面で奪い快投を締めくくった。

 「結果は少し気にしていた。良い状態でマウンドに上がることができたので、低めに投げてどんどん自分のテンポを作っていくことができた。やりたかったことはできた」

 前回19日の2軍練習試合・オリックス戦では3回2/3を11安打7失点でKOされた。直近2試合で計14失点。と精彩を欠く内容に、キャンプ中に当確を灯していた開幕ローテに暗雲が立ちこめていた。

 それでも、信頼回復へ手は打っていた。中5日の調整期間ではビデオを見直し、前に突っ込んでいた悪癖を確認。「後ろに体重を残して前で(ボールを)離せるようにした」と真価の問われるマウンドできっちりと修正して見せた。矢野監督も「2回あんまり良くなかったんで、本人的にもちょっと落ち着いたと思う。らしさというところは出た投球が多かった」と評価した。

 「シーズンがいつ開幕しようと、やるべきことをやっていく。決まっているところに合わせて自分のできることをやっていく」。冷静に現状を見つめる背番号49が頼もしい。(遠藤 礼)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月26日のニュース