法大 代打・中村迅が起死回生3ラン「結果出してアピールしていきたい」

[ 2019年5月26日 05:30 ]

東京六大学野球 第7週第1日   法大4―4明大 ( 2019年5月25日    神宮 )

<法大・明大>8回、代打で登場し、同点3ランを放った中村迅。手前は明大の森下投手(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 法大はベンチ入りの7投手を繰り出す総力戦。敗色濃厚な試合を代打・中村迅が吹き飛ばした。

 3点を追う8回2死二、三塁から森下の内角直球を捉え、右翼席に同点3ラン。リーグ戦初安打が起死回生の一発となり「ストレートに振り負けないように振った。これから結果を出してアピールしていきたい」と秋を見据えながら力強く話した。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年5月26日のニュース