巨人、広島に屈辱5連敗 原監督「現実の中で受け止めるしかない」

[ 2019年5月26日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人5―7広島 ( 2019年5月25日    東京D )

4回2死二、三塁、バティスタの振り逃げで、小林(左)が一塁悪送球し、生還する三塁走者のジョンソン(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人は首位・広島に引き分けを挟んで5連敗。3ゲーム差に引き離された原監督は「現実の中で受け止めるしかないし、今は(広島の)いいところが目立っている。またしっかり戦っていく」と見据えた。

 序盤の大量失点が重くのしかかった。メルセデスが先発全員安打され、3回1/3を5失点。4回は相手先発のジョンソンにも中前適時を許した。降板直後にはバティスタの振り逃げで小林が一塁悪送球と失点に直結するミスもあった。先発投手は5試合勝ち星がなく、5月は8勝10敗1分けと負けが先行する。

 1―7の8回、本塁打でリーグトップを走る坂本勇が、左中間席に2試合連続の16号2ランを放つなど一挙4点を奪った。意地は見せたが、あと2点が遠かった。主将の坂本勇は「一人一人がもっとどうしたらやり返せるか。みんなプロなので、やり返したい」と言った。広島には昨季まで4年連続で負け越している。苦手意識を払しょくするためには勝つしかない。 (神田 佑)

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年5月26日のニュース