大船渡・佐々木、練習試合で5回無安打1失点、最速は146キロ 今年初めて先発で連投

[ 2019年5月26日 11:03 ]

練習試合

大船渡・佐々木
Photo By スポニチ

 大船渡の163キロ右腕・佐々木朗希投手(3年)が、宮城県内で行われた加美農、一迫商、岩出山の3校連合チームとの練習試合に先発。5回を投げて無安打1失点だった。

 前日の盛岡商との練習試合では9回2安打完封勝利を挙げた佐々木。今年に入って先発での連投は初めてだったが、好投を見せた。

 初回に四球で出塁した走者を盗塁などで三塁まで進ませ、犠飛で1点を失ったが許した安打は0だった。この日投じた49球の内直球は8球のみで、最速は146キロ。今春から取り組む変化球中心の省エネ投法で翻弄し、三振も3つ奪った。

 打撃でも5回無死三塁から初球の直球を捉え、右中間へ2ラン。投打で存在感を発揮した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月26日のニュース