中日・白井オーナー 与田政権に期待「今までにないやり方をやるのでは」

[ 2018年12月22日 05:30 ]

球団新事務所にデザインされた打席に立つ白井オーナー(右)と矢野社長
Photo By スポニチ

 中日の白井文吾オーナーは21日、与田新監督の手腕に期待を寄せた。巨人など同一リーグのライバルが大型補強を行う中、自軍は補強がないどころか今季13勝したガルシアの退団など戦力ダウンが予想される。それでも「今までにないやり方をやるんではないか。どんどん選手を抜てきして。(監督も)自信ありげだから」と不敵に笑った。その上で「優勝パレードをどこでするか内緒の話も進行している」と水面下でV準備の話し合いがされていることも明かした。

 この日は球団事務所の移転先となる、ナゴヤドームに隣接した事務棟完成に伴う完工式に出席。入り口の床には原寸大のホームベースと打席が描かれ「ナゴヤドームの一角に業務の中心地を構えることとなった。新しいゲーム展開の出発」と話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年12月22日のニュース