ドジャース 主軸のプイグとケンプを放出 レッズと4対3の交換トレード

[ 2018年12月22日 16:02 ]

ヤシエル・プイグ外野手 (AP)
Photo By AP

? ドジャースは21日、レッズと7人が絡む交換トレードでヤシエル・プイグ(28)とマット・ケンプ(34)の両外野手を放出。見返りにホーマー・ベイリー投手(32)とマイナー2選手(投手と内野手)を獲得した。

 今季のプイグは23本塁打、63打点、ケンプはチームトップの85打点と活躍を見せ、ドジャースのワールドシリーズ進出に貢献。ドジャースはこの2選手のほか、アレックス・ウッド投手(27)とカイル・ファーマー捕手(28)もレッズへ放出した。先発左腕のウッドは大リーグ6年間で通算52勝を挙げ、今季は9勝をマーク。昨季に大リーグデビューしたファーマーは、今季39試合に出場した。

 ドジャースが獲得したベイリーは大リーグ12年間で通算67勝を挙げた先発右腕。2012年と13年にノーヒットノーランを達成したが、15年に右肘のじん帯再建手術を受け、その後の成績は下降線。昨季は6勝で、今季は20試合に登板して1勝14敗、防御率6・09だった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年12月22日のニュース