楽天 松井裕樹 3000万円減の1・1億円 妻・石橋杏奈、来季は「仙台に来てサポート」

[ 2018年12月22日 14:12 ]

年俸1億1千万円プラス出来高で2度目の契約更改交渉に合意した楽天・松井
Photo By スポニチ

 楽天の松井裕樹投手(23)が22日、2度目の契約更改に臨み、年俸1億4000万円から3000万円減の、1億1000万円プラス出来高でサインした。

 「春先の投球に関しては厳しい評価をいただいた。来季はまず1軍で、1年間高いクオリティを維持したい」。

 プロ5年目の今季は、53試合に登板し、5勝8敗。10月には4年ぶりの先発マウンドに立つも、セーブ数は自身最小の5に留まった。1回目の契約更改では、今回と同額程度の1億1000万円と見られる提示を保留。「条件面も含めてもう少し話し合いたい。来季の起用法が分からないところもあるので、その辺の細かいところを話し合って詰めていきたい」と2度目に臨んだ。起用方法について、契約更改に挑む数日前に平石監督から「抑えで力を貸して欲しい」と連絡。今回の交渉では、「気持ち良く判を押させてもらった」と言った。

 13日には女優の石橋杏奈(26)と入籍した左腕。来季に向けて、「仕事もある中で、仙台に来てサポートしてもらえる。より責任を持ちたい」と話した。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2018年12月22日のニュース