内海、西武現役ダントツ通算133勝 パ球団とも好相性

[ 2018年12月22日 05:30 ]

 西武現役投手の通算勝利数を見ると、内海が133勝でダントツ。これに次ぐのは十亀の46勝、多和田の28勝と大きな開きがあり、別格の内海に投手陣の中心として期待がかかる。

 また、内海の巨人時代のパ球団との対戦成績を見ると、通算58試合で22勝19敗、防御率2.81の好内容。今季交流戦でも3試合に先発し0勝0敗ながら18イニングを投げ防御率1.50(セ相手は4.92)とパ球団との相性の良さは健在だ。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年12月22日のニュース