阪神・原口、来季も“甲子園の鬼”「結果出ればファンが喜んでくれる」

[ 2018年12月22日 09:13 ]

サンテレビ「熱血!タイガース党」に出演した原口(右から3人目)(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 来季も「ホームの鬼」になる。阪神・原口は21日、サンテレビの「熱血! タイガース党」に生出演。今季、ビジターでの55打数11安打、打率・200とは対照的に56打数24安打の同・429と抜群の数字を残した主催試合での強さを、来季も発揮することを誓った。

 「お客さん(の声援)もそうだし、自分の動く流れというのもできているんで。やっぱり結果が出ればファンが喜んでくれるし、打てなかったらため息もよく聞こえる。そういうのは励みになるし、うれしいこと」

 27勝42敗2分けとチーム成績が振るわなかった中で、甲子園での原口の打席が数少ない見せ場となった試合もあった。来季は自身の快音はもちろん、チームを勝利に導く働きを目指す。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年12月22日のニュース