ロッテ 新球団本部長に松本氏 生え抜き選手出身初

[ 2018年12月22日 05:30 ]

松本尚樹本部長補佐兼編成部長
Photo By スポニチ

 ロッテは21日、松本尚樹本部長補佐兼編成部長(48)が同日付で球団本部長に就任したと発表した。林信平球団本部長(57)は取締役として球団に残る。松本氏は95年ドラフト5位でロッテに入団。内野手として6年間プレーし、引退後の02年からスカウトなど編成部門に携わった。

 生え抜き選手が本部長に就任するのは球団初。松本氏は「結果を出したい。(ロッテには)自分自身も育ててもらった。勝つことが恩返し」と抱負を語り「今年中に1人(新外国人)投手を発表したい」と話した。また、坂巻明寮長、井辺康二スカウト、山森雅文スカウト、望月一理学療法士、岸敬祐打撃投手兼チームスコアラーの退団も発表された。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年12月22日のニュース