ソフトB甲斐は保留 アップ提示も「多少の差があった」

[ 2018年12月22日 05:30 ]

契約更改交渉を行うも保留した甲斐(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 今季自己最多の133試合に出場し、日本シリーズでMVPを獲得したソフトバンク・甲斐は、球団提示を保留した。

 年俸4000万円から1500万円程度のアップ額を提示されたとみられるが「(希望額と)多少の差があった。もう一回整理してと思った」と話した。リーグトップの盗塁阻止率・447をマークしたが打率・213。三笠杉彦球団統括本部長は「守備の評価は難しいところがある。納得してサインをしてもらいたい」と説明した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年12月22日のニュース