高岡商2年生8人が後輩に暴力行為 ゴム製の棒で尻叩く

[ 2018年12月22日 05:30 ]

 春夏合わせ24度の甲子園大会出場を誇る高岡商(富山)野球部の2年生8人が、15日に1年生部員9人を叩き、一人が唇を切るなどの軽傷を負っていたことが21日、富山県教育委員会への取材で分かった。同校は県高野連に報告済みで野球部は当面の間、全体練習を自粛する。

 県教委によると、1年生9人が教室での自習中に校内で禁止の携帯電話を使用。2年生部員が注意した上で素手やトレーニング用のゴム製の棒で尻などを叩いた。宮岸毅校長は「再発防止に向けて精いっぱい努力していきたい」と話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年12月22日のニュース