ヤクルト山田“倍返し”1億5000万円増 史上初の40―40視野

[ 2018年12月22日 05:30 ]

神宮球場の本物の二塁ベースに自身の盗塁する写真をカメラマンの要望で乗せる山田哲(撮影・大塚 徹)
Photo By スポニチ

 今季2年ぶり3度目のトリプルスリーを達成したヤクルト・山田哲が21日、都内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、1億5000万円増となる年俸4億3000万円プラス出来高払いでサインした。17年の自身の3億5000万円を抜く球団日本選手最高額。昨オフ交渉での7000万円減を「倍返し」した。

 「凄く評価してもらいました。これだけのお金を頂いている。プレッシャーだけど、さらに活躍しないといけません」

 不調に泣きチームも歴史的最下位に終わった昨季の屈辱を晴らした。「大敗からの2位。凄く成長したと感じる」。自身も出場140試合で打率・315、34本塁打、33盗塁、プロ野球歴代3位タイの130得点。文句なしの成績でチームの2位浮上をけん引した。

 注目されるメジャー挑戦について話題になったかには「シークレットです」と口をつぐみ、交渉役の斎藤充弘1軍グループ参事は「今日は話していません」と語った。目標は「今年の成績を全て上回ることです」と宣言し、プロ野球史上初の40―40(40本塁打、40盗塁)も視野。「ゴールデングラブ賞を獲って守備でも認めてもらいたい。(広島の)菊池さんが毎年獲って高い壁だけど、それを僕が乗り越えたい」とさらなる頂を見つめた。 (細川 真里)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年12月22日のニュース