阪神・矢野監督悩む プロテクト枠「意外に難しい」

[ 2018年12月10日 06:00 ]

MBS「戦え!スポーツ内閣」の収録に臨んだ阪神の矢野監督(中央)
Photo By 提供写真

 阪神の矢野燿大監督(50)が9日、大阪市内で行われた『戦え!スポーツ内閣』(MBSで12日午後11時56分から放送)の収録に臨んだ。番組内では、オリックスから国内FA宣言し阪神入りを表明した西について言及し、獲得に伴う人的補償のプロテクトについて悩ましい胸中も明かした。

 74勝右腕の加入に沸く一方で、頭を悩ませるのがプロテクト選手のリスト作成だ。指揮官は率直な感想を漏らした。「めちゃくちゃ難しい。意外に28人って難しい。痛い選手を取られる可能性が高い」。オリックスは西に加え金子、中島ら高額選手が抜けることで予算に余裕があることから、阪神の大物ベテラン選手の獲得も可能。阻止しようとすれば、期待する若手すべてをプロテクトできなくなる可能性も高い。

 また、西に対しては最大限に配慮していく意向も示した。「なんで代えたのかなど聞きたいことは聞いてくれていい、いつでも監督室に来てくれたらいいよ」。西が疑問や不安を感じたら、すぐさま話し合いを持ってサポートする考えだ。

 西に続き、ピアース・ジョンソン(ジャイアンツ)の獲得にも成功し、覇権奪回に期待は膨らむ。「もちろん優勝を目指して頑張ります。負けた時でも面白いなと思えるような試合で一年間頑張ります」と結んだ。(吉仲 博幸)

 《夫人の誕生日は毎年感謝の手紙》矢野監督は番組内で毎年、夫人の誕生日に行うエピソードを明かした。指揮官の背番号「88」は夫人のバースデーにちなんだもので、8月8日には必ず感謝の手紙を渡すという。「8月8日に届くようポストへ出します。手紙を書いたらめちゃくちゃ喜んでくれて」。来年の8月8日は神宮でのヤクルト戦。手紙とともに勝利も届けたい。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年12月10日のニュース