巨人 菅野サンタ&宮国トナカイ、闘病中の子供たちにプレゼント「来年の活力になった」

[ 2018年12月10日 14:43 ]

院内学級のクリスマス会に参加し、プレゼントを渡す巨人・菅野(右)と宮国(代表撮影)
Photo By 代表撮影

 巨人・菅野智之投手(29)と宮国椋丞投手(26)が10日、東海大学医学部付属病院を訪問し、院内学級でクリスマス会に参加した。菅野はサンタクロースの帽子を、宮国はトナカイの耳を付けて闘病中の子供たちにプレゼントを渡した。

 激励の言葉をかけられたという菅野は「自分たちがシーズン中に苦しいこと、つらいこと、悩み事もありますけど、ここに来るとそんなものはちっぽけなものだなと思う。来年の活力になった。来年もここに戻ってくるということを目標に頑張りたい」と使命感を口にした。宮国は「また来年も病院だったり、他の活動でも現場に足を運んで少しでも多くの人と触れ合いたい」と話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年12月10日のニュース