アスレチックス1巡目指名の21歳 大学アメフットMVPに

[ 2018年12月10日 05:30 ]

ハイズマン賞を受賞したオクラホマ大のマーリー(AP)
Photo By AP

 今年6月の大リーグのドラフト会議でアスレチックスから1巡目(全体9番目)指名を受けたオクラホマ大のカイラー・マーリー外野手(21)が8日(日本時間9日)、全米大学フットボールの年間最優秀選手賞のハイズマン・トロフィーを受賞した。

 ニューヨークで行われた受賞スピーチで「決して忘れることができない名誉だ」と歓喜に浸った。マーリーは1メートル80、88キロのQB。野球では今季51試合で打率.296、10本塁打、47打点を記録した。ア軍の来春キャンプには参加予定だが「可能なら(野球とアメフットの)両方をやりたい」と語っており、今後の“二刀流”に注目が集まる。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年12月10日のニュース