オリックス・松葉 850万円ダウンも納得 来季は「がむしゃら」背水の決意

[ 2018年12月10日 13:13 ]

<オリックス契約更改>850万ダウンでサインし更改する松葉(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 オリックスの松葉貴大投手が10日、大阪市舞洲地区の球団施設で契約交渉し、850万円ダウンの2800万円(金額は全て推定推定)で更改した。

 8月以降に1軍で先発機会が回ってきたが、8試合で2勝1敗と自己成績ではワースト。「登板数も一番少ない」と、ダウン提示については納得して、来季に気持ちを切り替えた。

 今オフは金子、同い年の西が抜けるなど先発投手は一気に手薄になった。「チャンスととらえて先発ローテを狙っていきたい。年齢的にもやらないといけない」と来季は背水の決意で臨むつもりだ。

 オフには心を動かされる転機があった。CSのヤクルト―巨人戦をテレビ観戦し、「(大体大で)大先輩の上原さんが、あのキャリアでも全力投球している姿に刺激を受けました。自分はまだ20台。練習からがむしゃらさをもっと出して、気持ちを前面に出していきたい」と、生まれ変わる決意を示した。

 また、90試合に出場した小田は倍増となる2300万円で更改した。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年12月10日のニュース