275人全員と誓いのキャッチボール「まだ内川はできるぞと」

[ 2018年12月10日 05:30 ]

子供たちの前でロングティーを披露する内川
Photo By スポニチ

 ソフトバンクの内川が上林とともに福島県郡山市のヨーク開成山スタジアムで野球教室を行い、参加した小中学生275人全員のキャッチボール相手を務めた。

 今季は通算2000安打を達成も故障に見舞われ、わずか71試合で打率・242、8本塁打、30打点。来季19年目の36歳は「オフは心と体をケアして“さあ行くぞ”という気持ちで向かう。来年は良い結果を出して、まだ内川はできるぞというところを見ていただきたい」と子供たちに誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年12月10日のニュース