雄星 ポスティング申請後初めて心境明かす「不安もあるし期待もある」

[ 2018年12月10日 05:30 ]

トークショーを行う菊池(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 西武・菊池は岩手県盛岡市内で行われた「野球フォーラムin盛岡」に参加。3日にポスティングの申請手続きを行ってから初めて取材に対応し「まだ何も動いていない。不安もあるし、期待もある。いろいろな感情がある」と心境を明かした。

 代理人のスコット・ボラス氏とはスタッフを介し、毎日連絡を取っているという。一方で約1週間、地元の岩手に滞在し、花巻東時代の同級生らと会食。「リラックスもできた。いろいろな人に頑張ってと言ってもらい、パワーをもらった」と来週の渡米を前に貴重な時間を過ごした。指導者、保護者を含む約3000人が集まったイベントも盛況。「僕が結果を出すことで、“プロ野球選手になれ。メジャーでもやれる”と思ってもらえると思うので頑張りたい」と子供たちに活躍を誓った。 (春川 英樹)

続きを表示

この記事のフォト

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2018年12月10日のニュース