オリックス吉田正が結婚 元モデルの管理栄養士・ゆり香さんと

[ 2018年12月10日 05:45 ]

猫のブライス、犬のハーパーを抱いて幸せムードたっぷりの吉田正とゆり香さん(提供写真)
Photo By 提供写真

 オリックスの吉田正尚外野手(25)が結婚していたことが9日、分かった。お相手は東京都出身で管理栄養士の資格を持つ一方で実業家としても活躍する、ゆり香さん(26)。昨年の10月22日に婚姻届を提出し、今年3月から新婚生活をスタート。3年目の今季は全143試合に出場し打率・321、26本塁打、86打点と3部門すべてで自己最高成績を残しリーグ外野手部門でベストナイン初受賞。交流戦でもMVPを獲得する活躍の裏には、愛妻の存在があった。

 プロポーズは愛妻の誕生日だった。昨年6月24日、吉田正は、ゆり香さんを船上ディナーに招待し「これからも支えてください」と告白した。

 出会いは青学大2年の夏、共通の知人を通じて知り合った。当初は「野球のことしか頭になかった」ため意識しなかったが、1年半後に再会し「“二目ボレ”」。何度もデートを重ねたが緊張で告白できず、思いを切り出せたのは15年10月22日。ドラフト会議でオリックスから1位指名された後だった。名前の由来であるユリの花束を携えて告白し真剣交際に発展。順調に愛を育み、昨年10月22日、自身のプロ入りと交際記念日に合わせて婚姻届を提出した。

 入団から2年間は腰痛に悩まされ、描いた理想には、ほど遠かった。「このまま野球選手として終わるかもしれない」と、こぼすこともあったが、そんな時にも支えてくれたのが、ゆり香さんだった。医療系4年制大学を卒業し管理栄養士の国家資格を取得。吉田正の遺伝子検査や血液検査などから比較的、脂質を消化しにくい体質と把握。栄養価を考慮した手料理を振る舞い、今年3月に大阪市内で同居を始め、約3週間で体脂肪率5%減、筋肉量3キロ増とするなど献身的にサポートした。

 「ゆりちゃんに良いところを見せたい」。責任を背負った今季、球宴に初出場しベストナインにも初選出されるなど結果を残した。今年の愛妻の誕生日には大阪市内のホテルで祝福。白鳥を模したバルーンで彩った一室で「野球をやれるのは、ゆりちゃんのおかげ」と思いをしたためた手紙とハリーウィンストンの指輪を手渡した。改めて“プロポーズ”するというサプライズに、ゆり香さんは感激したという。

 互いに尊敬し合える関係を望み、ゆり香さんも実業家として夫の理想に沿い会社経営するなど家事との両立に励む。吉田正は「自立しているし、責任感が強く全て任せられる心強い存在」。愛妻と支え合い、来季はさらなる飛躍を狙う。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年12月10日のニュース