中日・与田監督 虎の西怖くない「イメージあるし癖もデータも見てきた」

[ 2018年12月10日 05:30 ]

中日の与田監督
Photo By スポニチ

 中日の与田剛監督(53)が9日、阪神にFA移籍した西攻略に自信をのぞかせた。今季は楽天の2軍投手コーチだったが16、17年は1軍投手コーチとしてオリックス・西と対戦。「2年間、見ている。どういうタイプの投手かイメージがあるし、癖もデータも見てきた。チームにプラスとなる材料を伝えられたら」と不敵に笑った。

 中日は、西とは今季終了時点で6度対戦し白星を献上することなく3つの黒星を付けているが、防御率3・05と完全攻略してきたとは言い難い。しかも交流戦での対戦で打者にとってはデータ不足が否めないだけに“指揮官の目”は大いに頼りになるはずだ。

 一方で「FAでリーグを変えるのは勇気あること。不安を一層するため、より努力してくる」と西のレベルアップも予想する。「お互い、勝負の仕掛け合い。誰が来ても戦っていくしかない」。“阪神の西”退治にチーム一丸で取り組む。(徳原 麗奈)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年12月10日のニュース