丸 巨人でより重圧受けるプレー環境も「プラス思考の性格なので勉強と思って」

[ 2018年12月1日 05:30 ]

広島の球団事務所を訪れ巨人入りを報告後、報道陣の質問に笑顔で答える丸(撮影・岩崎 哲也)
Photo By スポニチ

 広島から国内フリーエージェント(FA)宣言した丸佳浩外野手(29)が30日、マツダスタジアムを訪問し、巨人入りを表明した。新たな環境で勝負することを誓い、11年間在籍した古巣への感謝をにじませた。巨人からは5年総額30億円超の条件に加え、背番号は原辰徳監督(60)が現役時代に背負った「8」と高橋由伸前監督(43)の「24」が提示されている。

 球団首脳への報告を終えた丸は、背筋を伸ばして取材に応じた。移籍か残留か、挑戦か安定か――。悩み抜き、迷いを断ち切った表情はりりしかった。

 「ジャイアンツにお世話になろうと思います。環境を変え、野球人として一から勝負したい気持ちが強かった。それが一番です」

 育ててくれた広島には恩義と愛着があり、FA宣言後の残留が第一の選択肢だった。提示は4年総額17億円。金銭面は重要視せず、契約年数を主に交渉を重ねてきたが、希望との開きは埋まらず挑戦へとカジを切った。

 「残る残らないで自問自答した。一日一日悩み、納得するまで考えた上で昨夜(29日)結論を出しました」

 2年連続MVPに輝くリーグ3連覇の立役者。自己最多の39本塁打を放ち、最高出塁率を獲得した。巨人からは5年30億円超に加え、背番号も原監督が現役時代に背負った「8番」と、中畑清氏(スポニチ本紙評論家)や高橋前監督がつけた「24」を提示された。ロッテからも6年24億円超を用意された中で、決め手は原監督の言葉だった。

 「“カープのいいものを持って来てもらいたい。(移籍は)長い野球人生の中でプラスになるから”という言葉も頂いた。さらにレベルアップしていけたら…」

 原、井口両監督には30日朝、自ら電話を入れた。ライバル球団への移籍。より重圧を受けるプレー環境にも「プラス思考の性格なので、勉強と思って頑張りたい」と受け止める。来季開幕は3月29日。マツダスタジアムでいきなりの広島3連戦となる。短い言葉に決意を込める。

 「もう決めた方向に向いているので、不安はあまりない。前だけを向いてやっていきたい」

 大きな功績を残し、丸はさらなる高みを目指して新天地に挑む。 (江尾 卓也)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年12月1日のニュース