楽天・則本 タイトルよりも…7年目の来季へ11回繰り返した「優勝」

[ 2018年12月1日 09:30 ]

契約を更改した則本
Photo By スポニチ

 楽天・則本が来季に向け「優勝」という言葉を11回繰り返した。

 仙台市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、3年契約の最終年となる来季は現状維持の年俸2億5000万円でサインした。今季は10勝11敗。「今までで一番悔しく、情けないシーズンだった。来季は優勝するために腕を振るだけ」と話した。

 今季は新人から6年連続2桁勝利と5年連続最多奪三振を達成。来季も記録更新を期待されるが「どんな(個人)タイトルよりも優勝が欲しい」と色気を見せない。将来的なメジャー移籍の可能性について問われると「そんなこと考えている暇はない。自分のことはどうだっていい。優勝したい」。6年ぶりリーグ制覇だけを見据えプロ7年目に挑む。(黒野 有仁)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年12月1日のニュース