斎藤佑 6年連続減俸 ドラ1輝星に「負けないように」

[ 2018年12月1日 05:30 ]

契約を更改し、会見する斎藤(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 日本ハム・斎藤が札幌市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、230万円減の年俸1600万円でサイン。これで6年連続の減俸となった右腕は「(契約を打ち切られる危機感は)毎年持っている」と力を込めた。

 来季からは16年まで自身が背負った18番を受け継ぐドラフト1位・吉田輝(金足農)が入団。「ライバルですけど切磋琢磨(せっさたくま)してやっていけたら。負けないように頑張りたい」と先輩の意地を見せる覚悟だ。早大の同僚で同じくドラフト1位で広島入りした福井がトレードで楽天に移籍。西武・大石とともに再起を期す「ドラ1トリオ」が同リーグに集結したことも「刺激し合えるポイントが増えた」と奮起の材料とするつもりだ。 (東尾 洋樹)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年12月1日のニュース