タナキクマル解体…広輔「彼が決めたことが一番いい決断」

[ 2018年12月1日 05:30 ]

球団に巨人入りの報告を済ませ報道陣に囲まれる丸(撮影・岩崎 哲也)
Photo By スポニチ

 「タナ・キク・マル」の愛称で呼ばれ、丸と同学年の広島・田中は、「彼が頑張ってきた権利。悩んでいたのも知っているし、寂しいけど丸の人生。彼が決めたことが一番いい決断」と決断を思いやった。

 来季の戦力ダウンは必至でも、「若い人が力をつけてきて3連覇ができた。外野手は特にチャンス。丸以上は酷としても、それをカバーするぐらいのチーム力はある」と新戦力の台頭に期待した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年12月1日のニュース