広島・緒方監督 “愛弟子”丸移籍に「大変残念」3連覇貢献には感謝

[ 2018年12月1日 05:30 ]

球団に巨人入りの報告を済ませ報道陣に囲まれる丸(撮影・岩崎 哲也)
Photo By スポニチ

 広島・緒方監督は、丸の移籍に「カープを離れてしまうことを大変残念に思います。ただこれもプロ野球選手としての権利なので、彼の決断を尊重したいです」と球団を通じてコメントした。

 打撃コーチ時代には徹底指導して成長を見守り、現役時代の背番号9を継承した“愛弟子”に「彼が今までチームの中心選手として3連覇に大きく貢献してくれたことは本当に感謝しています」と別れを惜しんだ。

 松田元オーナーも「丸選手の決断を尊重したい。球団初のリーグ3連覇に大きく貢献してくれた。球団としても大変感謝している。巨人はライバル球団にはなるが、今の段階ではエールを送りたい」と話した。

 前夜に連絡を受けた鈴木清明球団本部長は「物凄く痛いけれど、痛いと言っても仕方がない。こういう事態が来ることは分かっていた。誰かが埋めていくしかない」と語る。一昨年は、ポスティングシステムでドジャースに移籍した前田が抜けた穴を全員で埋めてリーグ優勝。4連覇へ、若手を含めた底上げが不可欠となる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年12月1日のニュース