丸の人的補償は?広島 高額年俸の即戦力も視野 鈴木本部長「それなりの選手いれば」

[ 2018年12月1日 10:30 ]

オーナーに鈴木球団本部長(左)と巨人入りの報告に済ませ笑顔の丸(撮影・岩崎 哲也)
Photo By スポニチ

 広島の鈴木清明球団本部長は、29日夜に丸から移籍する主旨の電話を受けたことを明かした。30日、マツダスタジアムで丸と対面し「丸がいたおかげで3連覇ができた。ありがとう」と感謝を伝えたという。移籍で「痛いのは痛い。でも、そこに日が当たって競争が生まれる」とチームの活性化に期待した。

 今後は、正式契約後に巨人側からプロテクトした28選手の名簿リストが届く流れとなる。「リストを見てから検討する。それなりの選手がいれば年俸が高くても問題ないし、1年でもやれるなら獲ろうとなるかもしれない」と高額年俸の即戦力も視野に人的補償を選択する可能性に言及した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年12月1日のニュース