レッドソックス守護神 6年の長期契約を狙う 現地記者のレポートにファンは…

[ 2018年12月1日 19:02 ]

クレイグ・キンブレル投手 (AP)
Photo By AP

 このオフにレッドソックスからフリーエージェント(FA)となったクレイグ・キンブレル投手(30)が6年の長期契約を狙っているという。11月30日にESPNのバスター・オルニー記者が自身のツイッターでレポートした。

 キンブレルは大リーグ9年間で通算333セーブを挙げ、ブレーブス時代には2011年から14年まで4年連続でリーグ最多セーブのタイトルを獲得。今季もリーグ2位の42セーブでチームのワールドシリーズ制覇に貢献した。

 ただ、今季は制球に苦しみ、四球の数は昨季の14から31に増加。プレーオフではハラハラさせられる場面も見られた。そうしたことも影響してか、オルニー氏のツイートには、ファンから「笑わせてくれる」といった内容のGIF画像が多く寄せられていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年12月1日のニュース