侍J逆転勝ちで勝ち越し決定!稲葉監督「みんなの気持ちが一つに」マッティングリー監督「残念だ」

[ 2018年11月14日 22:54 ]

日米野球第5戦   侍ジャパン6―5MLB選抜 ( 2018年11月14日    ナゴヤD )

<侍ジャパン・MLB選抜>MLB選抜に勝利し、マウンドでナインとハイタッチする甲斐(中央)(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 日米野球は14日、ナゴヤドームで第5戦が行われ、稲葉篤紀監督(46)率いる侍ジャパンは、終盤に4点差をひっくり返して6―5で勝利。鮮やかな逆転勝ちを収めて通算成績を4勝1敗とし、前回14年に続く勝ち越しを決めた。

 ▽日本・稲葉監督 粘り強く、後ろにつないで行こうというみんなの気持ちが一つになって、逆転劇につながった。投手陣も少ない失点で抑えてくれている。

 ▽MLB・マッティングリー監督 第1、4、5戦と終盤までリードしていて、ひっくり返された。残念だ。打線は2死から得点する場面もあり、いいスイングができた。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年11月14日のニュース