×

侍J菊池お見事!Vスクイズ 稲葉監督「あるよ」に“逆提案”「2球目に」予告通り

[ 2018年11月14日 05:30 ]

日米野球第4戦   侍ジャパン5―3MLB選抜 ( 2018年11月13日    マツダ )

<MLB選抜・侍ジャパン>9回1死一、三塁、決勝スクイズを決める菊池(撮影・成瀬 徹)
Photo By スポニチ

 侍ジャパンは13日、MLB選抜に5―3で逆転勝ちした。2点を追う9回に同点に追いつき、菊池涼介内野手(28)が決勝のセーフティースクイズを決めた。土壇場で小技を絡めた攻撃がつながって、通算成績を3勝1敗とした。

 秘策は“逆提案”だった。「セーフティースクイズあるよ」と9回の猛攻の中、ベンチで稲葉監督が菊池にささやくと「2球目ぐらいにどうですか?」と菊池。同点に追いつき、なお1死一、三塁で打席へ。1ボールからの2球目。信頼のサインに一塁線へ転がし、三塁走者・田中広が決勝ホームを滑り抜けた。

 「最後まで諦めないみんなの気持ちがつながっていい形で出た」と稲葉監督。2点を追う9回は指揮官の求める攻撃が凝縮されていた。先頭・田中和は四球で出塁し、「120%成功するなら行ってもいい」との指示に自らの判断で二盗に成功。続く上林はファウルで粘り、9球目を中前適時打した。会沢はファーストストライクをしっかり送りバント。基本の小技を徹底した。

 勝ち越し後は1死二、三塁で「ゴロゴー」のサインに柳田が叩きつける遊ゴロで追加点を奪った。「日本らしい、続けていかなくちゃいけない攻撃」と指揮官。手応えを深め、3勝1敗と勝ち越しに王手をかけた。 (後藤 茂樹)

 《VS全米67年ぶり》日本は9回菊池のスクイズ(記録は一塁犠打野選)で決勝点を挙げた。日米野球で日本チームがスクイズで決勝点は74年11月16日メッツ戦で太平洋・巨人連合の高橋二三男(太平洋)が8回に記録して以来44年ぶり。全米相手では51年11月13日に全パの木塚忠助(南海)が2回に決めたのに次ぎ67年ぶり2度目。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2018年11月14日のニュース