松井 今シリーズ初S 1点差に「気持ち入りました」安どの笑み

[ 2018年11月14日 23:28 ]

日米野球第5戦   侍ジャパン6―5MLB選抜 ( 2018年11月14日    ナゴヤD )

<侍ジャパン・MLB選抜>初セーブを挙げた松井(撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 松井(楽天)が今シリーズ初セーブを挙げた。

 6―5の9回から登板し、先頭・ソトに左前打を浴びたものの続くホスキンスを空振り三振。最後はハニガーを遊ゴロに打ち取り、併殺打でゲームセットと思われたが、二塁から一塁への転送がそれた。それでも甲斐の強肩に助けられ、打者走者のハニガーを二塁で刺し、試合終了。

 マウンドで甲斐と抱き合った左腕は「久しぶりの1点差ゲームで気持ちが入りました」と安どの笑み。前日13日の第4戦は8回に登板も1失点。「昨日、失点したのでリベンジの舞台。意気に感じて投げました」と胸を張った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年11月14日のニュース