巨人 ヤングマン、メルセデスら残留 マギー、カミネロは退団

[ 2018年11月14日 15:46 ]

巨人のヤングマン
Photo By スポニチ

 巨人は14日、テイラー・ヤングマン投手(28)、サムエル・アダメス投手(24)、クリストファー・クリソストモ・メルセデス投手(24)、ホルヘ・マルティネス内野手(25)が来季も残留することを発表した。

 また、スコット・マシソン投手、アレックス・ゲレーロ外野手は、それぞれ2年契約を結んでおり、来季はその2年目。アルキメデス・カミネロ投手(31)、ケーシー・マギー内野手(36)とは来季の契約を結ばないことも発表された。マギーは米国へ帰国する際に現役引退を示唆していた。

 ▼ヤングマン投手 来年もジャイアンツでプレーできて、とてもうれしい。今年はけがや二軍生活で悔しい気持ちもあったが、来季は最後まで健康なコンディションを維持し、チームの優勝に貢献したい。

 ▼アダメス投手 今季は初めて一軍でプレーし、大きく成長できた反面、自分に足りない部分もよくわかった。持ち味の速球に磨きをかけ、チームメートから頼られるリリーフ投手になりたい。

 ▼メルセデス投手 またプレーするチャンスをもらい、光栄に思う。来季は自分にとって勝負の年。春季キャンプからエンジン全開で、開幕ローテーションに入り、何としても優勝したい。

 ▼マルティネス内野手 来年もジャイアンツに戻ってこられて、うれしい。内野はもちろん、外野の守備も鍛えたい。よりパワーアップして、尊敬する阿部(慎之助)さん、坂本(勇人)さんのような強打者を目指す。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年11月14日のニュース