JR東日本東北・森 逆転口火打 甲子園で雄星から一発放ったパンチ力

[ 2018年11月6日 05:30 ]

スポニチ後援第44回社会人野球日本選手権第5日・1回戦   JR東日本東北7―1JX―ENEOS ( 2018年11月5日    京セラドーム )

<JX―ENEOS・JR東日本東北>8回無死一塁、森の右越え三塁打で一塁走者・田代が生還する(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 JR東日本東北・森が終盤7得点の逆転勝ちを呼んだ。8回無死一塁で来秋ドラフト候補右腕・大場から右中間へ同点三塁打。「最高の結果になってよかった」と笑った。

 昨年は1番打者として本塁打を記録するなど活躍したが、今年は9番に降格した。「悔しい思いはあるが、京セラは相性がいい。自信を持っていた」。横浜隼人3年夏に出場した甲子園で花巻東・菊池(現西武)から一発を放ったパンチ力を示した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年11月6日のニュース