日本ハム ドラ4指名・万波、木製バット対応に意気込み「積み重ねていければ」

[ 2018年11月6日 13:33 ]

室内練習場で本村・選手教育グループ長(右)から説明を受ける日本ハムドラフト指名選手たち(左から)生田目翼、万波中正、田宮裕涼、柿木蓮(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 日本ハムからドラフト4位指名された万波中正外野手(18=横浜高)が6日、千葉県鎌ケ谷市の2軍施設を見学した。

 高校通算40本塁打も、現在は木製バットに「芯が小さくて飛ばすのが難しい。積み重ねていければ」と対応するための練習を重ねている。「球団の施設に来て、始まるんだなという気持ち。高校より何倍も広くて、野球を思う存分やれる」と早くも日本ハムの一員としての自身の姿を思い描いていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年11月6日のニュース