侍J、台湾戦先発は中日・笠原 稲葉監督「左投手が大事になる」

[ 2018年11月6日 15:11 ]

中日の笠原
Photo By スポニチ

 日米野球(9日開幕・東京ドームなど)への壮行試合となる「ENEOS侍ジャパンシリーズ2018」(7日・ヤフオクドーム)に臨む侍ジャパンと台湾代表は6日、前日公式記者会見を行った。侍ジャパンの稲葉篤紀監督は、同戦の先発は中日・笠原祥太郎(23)と発表した。

 「左投手がプレミア12へもオリンピックに向けても大事になる。彼は特殊球、チェンジアップを持っている。こういう国際大会でどこまで通用するか見てみたい」と稲葉監督は期待を寄せた。

 笠原は大卒2年目の今季、開幕ローテーション入りを果たした。途中、2軍での再調整も経験したが、20試合(17先発)に登板し、6勝4敗、防御率4・14。特に直球に近い腕の振りから放たれる110〜115キロほどのチェンジアップは、打者のタイミングをことごとく外し評価が高い。

 稲葉監督は「勝ちにこだわる。明日は全力でみんなで勝ちにいきます」と語気を強めた。

 対する台湾は統一・江辰晏投手が先発すると発表された。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年11月6日のニュース