矢野監督じゃなく「“矢野さん”で全然いいよ」もっと選手から話しかけて

[ 2018年11月6日 05:30 ]

阪神の矢野監督
Photo By スポニチ

 「矢野監督」は禁句!?選手との距離間を大事にする阪神・矢野監督は、自身の呼び方について「オレは監督、監督したくないのよ。監督が上で、選手が下とかはないんだからさ。“矢野さん”で全然いいよ」と明かした。

 就任後、選手側から積極的に話しかけてくることを期待しているものの「まだ選手からというのはないけどね」と少し残念そう。もちろん礼儀やけじめは必要ながら、時には兄貴分のような話しやすい存在となる心づもりだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年11月6日のニュース