高校生でもまるでプロ ロッテドラ1・藤原、夏の甲子園決勝前に聞いた話

[ 2018年11月6日 10:00 ]

ロッテに1位指名を受け、肩車される大阪桐蔭・藤原(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 まるでプロ野球選手だな、と思った。ロッテからドラフト1位で指名された大阪桐蔭の藤原恭太のことだ。今夏の甲子園決勝前に聞いた話だ。

 「大事な試合前に担ぐ験は?」との問いに「道具を新しくする」と答えた。打撃手袋はこまめに替えるそうで「大きくなったりするのが嫌」とぴちっとしているフィット感がお気に入りのようだ。

 さらにスパイクも大会前には替えるという。「ちょっとでも打撃のブレをなくすように」と教えてくれた。もちろん、甲子園などの大舞台に限定しているようだが「こんな高校生がいるんだな」と驚いた。

 大勢の報道陣に囲まれた取材でも、言葉に詰まることなく明るい表情で受け答えしていた。丸刈りだったが整った顔立ちで、細身の筋肉質で手足は長い。俊足のスラッガーは、今も昔も野球をやっているチビっ子たちにとっては、あこがれの的だ。女子にもてるだろう。

 甲子園決勝の前夜でも、ルーティンを欠かさなかったという。就寝前の素振りだ。打席に入った自分をイメージしながらスイングする。決勝戦の前夜は「右中間に鋭い打球を打った。二塁打、三塁打になるような当たりでした」。そんなことまで、教えてくれた。

 プロ野球では、大阪桐蔭出身の選手を何人か担当した。ロッテからメジャーへ移籍し阪神でプレーした西岡、日本ハム・中田のイメージが強かった。タイプは違うが、どちらもヤンチャそうな雰囲気があった。でも、藤原は明るくて近所にいそうなお兄ちゃんという感じだ。

 スターをつくるのも、メディアの役目とよく言われる。その通りだと思う。最近、自宅近くの中学校の野球部が廃部になったと聞いた。部員不足が理由だという。甲子園のヒーローは、抜群に知名度が高い。藤原、根尾、金足農・吉田輝星が1年目から1軍の舞台で戦ってくれれば…。そう願っている。(記者コラム・横市 勇)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年11月6日のニュース